バイク 売る

バイクを売る前の整備やメンテナンス

バイクを売る前に、最低限しておきたい整備やメイテナンスがあります。
もちろん、やったことがないことを無理にする必要はありません。
経験してきた範囲で、できることだけをしてみると良いかと思います。

 

整備と言っても、難しいことをするわけではありません。
バイクの基本ともいえる部分を、再確認するだけです。

 

エンジンのアイドリングは安定しているか

エンジンについては、これにつきるのではないでしょうか。
アイドリングが安定していれば、吹け上りが極端に悪いということはないはずです。
両方悪いというならば、キャブレターを疑うしかなく少々難易度が高いです。

  • スパークプラグは汚れていないか
  • エアークリーナーエレメントは汚れていないか

この2点は、簡単に確認できます。
スパークプラグはブラシで清掃しても良いですし、新品にしても安価です。

 

エアークリーナーは、乾式の場合はエアーで吹くのが一般的です。
パソコン用のエアーダスターで吹いてもよいですね。
湿式の場合は洗い油で清掃します(あえて方法は書きません、ご存知の場合のみお願いします)
エアークリーナーの交換は、費用がかかるのであまりおすすめしません。

 

バイクが真っ直ぐ走るか

当たり前といわれそうですが、これはタイヤの空気圧の確認です。
長く乗っていなかった場合など、確実に空気圧は下がっています。
そのまま査定を受ければ、放置していたと見抜かれてしまいます。

 

規定の空気圧でないと、走行は不安定になってしまいます。
空気圧の調整は、ガソリンスタンドなどで無料でできるメンテナンスです。

 

バイクの電球類はきちんと光るか

バルブや電球が切れている場合は、お値段と相談してください。
ただ、ヘッドランプやテールランプが切れていると、整備不良で道交法違反です。
そのままの状態で乗り続けていたとは思われにくいでしょうから、注意した方がいいですね。

 

ウインカーなどの点滅が遅かったり不安定な場合、リレーの問題でしたら手出しは無用です。
バッテリーの電圧が下がっているだけなら、バッテリー液を補充するなど方法はあります。
充電してもらうとお金がかかるので、自力の発電で補える範囲で対応するのが無難でしょう。

 

車体に違和感のあるキシミ音はしないか

バイクは金属のかたまりです。
摩擦が生じるところが汚れたりしていれば、異音がすることもあるでしょう。
潤滑油などで、できる範囲で解消しておきたい部分です。
もちろん、ブレーキディスクなどには油はつけないで下さいね。

 

バイクを売る前の整備のまとめ

いろいろと取り上げてきましたが、難しいことをする必要はありません。
普通に乗っていたなら、特になにかをするといった必要はないでしょう。
逆に何か違和感がある場合は、できる範囲で対応した方がしないよりはベターです。

 

不動車や事故車の場合は、できる範囲はほぼないでしょうから現状渡しが基本です。

バイクを高く売るなら

バイク比較.comの【無料一括査定】がオススメ
その理由は
  • 最大60社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 月間利用実績ナンバーワンの安心感
  • 事故車・不動車・改造車にも対応


査定申込みはコチラ  バイク比較.com

一括査定申込みの詳細はコチラ

バイクの売却に整備は必要?関連ページ

バイクが蘇る洗車方法
バイクを売る前にしておきたい、洗車方法のノウハウです。
バイクの売却と車検
バイクを売る前に、車検は通しておいた方が高く売れるのでしょうか
改造バイクの売却
改造車・カスタムバイクの売却についての情報です
故障車の売却
バイクの故障車の最適な売却方法を紹介します。
事故車の売却
バイクの事故車の最適な売却方法を紹介します
不動車の売却
バイクの不動車の最適な売却方法を紹介します