バイク 売る

個人売買でバイクを売却 【AR125】

管理人の初代愛機であり、初めて売却したバイクがカワサキAR125です。

 

当時はバイク雑誌の「売りたし」コーナーへの投稿が、個人売買の常道でした。
125ccということで、区役所で登録の手続きができます。

 

400ccのバイクに乗換えましたが、下取りには出さず2台持ちでした。
大きなバイクに慣れてきたので、売却を決めました。

 

カワサキ AR125

売却した時は、4年ものでした。走行距離は12000キロくらいです。

 

結構、改造していました。

  • スガヤのセミレーシングチャンバー(ワンオフもの)
  • キャブレターセッティング
  • フロント周り丸目ライト(ボッシュ)
  • ウィンカー・ミラー・テールランプ周り
  • シートあんこ抜き
  • タイヤはヨコハマプロファイヤー

ざっとこんな感じですが、純正部品も使って外観もいじってました。
信号待ちで並んだライダーに「なんていうバイクですか」と聞かれたこともあります。

 

「売りたし」のコーナーに掲載されてほどなく、連絡がありました。
奥さんが免許を取ったので、入門用に検討したいとのことでした。
綺麗にいじってあるのと、あんこ抜きで足つきがよさそうとのことでした。

 

試乗してみたいとのことで、場所と日程を調整しました。
条件は、マフラーだけは純正に戻してほしいということです。
純正マフラーはサイレンサーをカラ焼きして、塗装して保管してありました。

 

数日後に、実際に試乗してもらいました。
実車の感想としては、理想通りだったようです。
基調色が赤で、ワンポイントに黒いパーツをいれているのが好感触でした。

 

即決で希望額で購入してもらえることになりました。
近くの区でしたので、登録は管理人が代行することにしました。
住所などの情報を聞いて、こちらの振込先を伝えました。

 

管理人はバイクショップでアルバイトをした経験があります。
辞めたあとも、そのお店の常連でした。
なので、委任状や譲渡証明書などはそこでもらいました。
認印も、よくある苗字ならショップにストックがあるものです。

 

まず、今ついているナンバーをはずして区役所で廃車しました。
その足で、先方の住所を管轄する区役所で登録をしました。
認印をショップに返したとき、自賠責のシールをもらいました。

 

新しいナンバーをつけたバイクを、先日の場所で納車して完了です。

 

今ならどう売る?

名義変更のことなど、かなりさらりと書いています。
これは、アルバイトとはいえ実務経験があるからできたことです。

 

各種書類の用意や記入の仕方、認印・自賠責のシールの入手。
また登録に当たって必要な先方の情報の内容。
以上のようなことを理解していたから、簡単にできたのです。

 

とはいえ、自分で作業した分の時間はかかりました。
バイトしていれば、その分の時給は稼げていたことになります。

 

当時は、ネットを活用した上手なバイクの売却方法はまだありませんでした。
今なら、ネットを利用して一括査定を受けていたと思います。
時は金なりではないですが、手間がかからないのはお得です。

バイクを高く売るなら

バイク比較.comの【無料一括査定】がオススメ
その理由は
  • 最大60社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 月間利用実績ナンバーワンの安心感
  • 事故車・不動車・改造車にも対応


査定申込みはコチラ  バイク比較.com

一括査定申込みの詳細はコチラ

バイクの個人売買体験談【AR125】関連ページ

買取一括査定申込みの利用
バイク買取一括査定申込みを利用してカワサキDトラッカーを売却した体験です。
故障車の売却
故障したバイクを売却した体験談です。カワサキGPz400FUを電装系が故障したまま売るまでの作業をまとめています。
産廃業者での買取
管理人が、カワサキKL250の実働車2台と部品取り車1台を産廃業者に持ち込んで現金買取してもらった体験談です。