バイク 売る

バイク買取業者の評判や口コミ 【レッドバロン】

レッドバロンは、他の大手バイク買取業者とは異なり電話やインターネットでの簡易査定は行っていません。「現車を見もしないで査定はできない」というポリシーをもっています。一見不便なようにも思えますが、査定をサービス工場で行うことで再販売のコストを最小限におさえ高価買取につなげることを目的としています。直営店舗は業界最大の全国300店舗を達成していますので、店頭査定でも不便はないと思います。

 

レッドバロンの特徴

  • 全国300店舗の販売網
  • 自社整備体制による再販コストの削減
  • 部品の自社ストックによる高年式車への対応

 

レッドバロンの特徴は、直営店舗による再販売体制です。店舗は沖縄を除く全国300店舗になります。
中古バイクで一般的な業者オークションを使わず、自社で再販売することでコストをおさえています。
また実車査定のみをサービス工場で対応することで、コスト削減による高価買取を実現しています。
ダイレクト買取と称するこれらの手法は、「3万円高く買います」がキャッチフレーズです。
具体的には、業界シェア80%をほこるこの会社の査定金額より3万円高く買取るそうです。
(ただし126cc以上で実車査定をし、査定金額が付いた場合 業者は匿名なので予想です)

 

レッドバロンは、バイクの再販売のための広告費や人件費・中間経費の削減を徹底しています。
また、修理保証制度というのも特徴的です。
バイクメーカーの部品供給責任は、最低7年間です。
レッドバロンでは、独自に3700機種50万点以上のリサイクルパーツなどを確保しています。
つまり部品供給の問題で買取査定を下げる可能性を自社努力で排除しているのです。

 

「現車を見もしないで査定はできない」という姿勢は、実はユーザー本位の思想です。
レッドバロンの店舗は公式ホームページから簡単に検索できます。
バイクの売却を検討される場合、お近くに店舗があれば1度査定を受けることをおすすめします。
持込でバイクを売った場合、帰りの足はレッドバロンが確保してくれます。
不動車の場合は、無料の引取サービスもあります。

 

レッドバロンと比較するなら    バイク比較.comはコチラ

 

レッドバロンの会社情報
運営会社 株式会社レッドバロン
設立 1972年1月
査定方法 来店

 

国内拠点は沖縄を除く全国300店舗
海外は11事業拠点