バイク 売る

故障したバイクの売却 【GPz400FU】

管理人が一番長く乗ったのが、カワサキGPz400FUです。
4年くらい乗って、15000キロくらい走りました。

 

熱狂的なカワサキファンの管理人としては、当時バイク=空冷4ストでした。
当然のことながらFX400が理想でした。

 

水冷のGPz400Rが発売されたこともあり、FUは生産終了していました。
常連だったショップに1台だけあったのが、銀色のFUでした。

 

カワサキ GPz400FU

本当は、黒がよかったのです。
ショップに訳ありの黒タンクがあることは、知っていました。
納車後、すぐに黒に換装しました。

 

その他、着々と改造していきました。

  • ボディパーツを黒に換装
  • フロント丸目ライト(シビエ)
  • ウインカー・ミラー・リヤランプ小型化
  • クラフトマン集合管
  • JTKオイルクーラー
  • JTKバックステップ・ステアリングダンパー
  • シートあんこ抜き
  • タイヤはヨコハマプロファイヤU

もちろん、純正部品は保管しておきました。
車検がありますから。

 

サスペンションも固めていましたね。
まわりからは、ほかの人じゃ乗れないねとか言われてました。

 

FUに何が起こったのか・・・

当時は、バイクにかかるお金を稼ぐのにバイトに明け暮れてました。
結構長い時間働いていたので、疲れ切って帰ってくる感じでした。

 

朝、いつものようにでかけようとしたらバイクのカギがない。
それどころか、バイク自体もない・・・
そう、カギをつけっぱなしで盗難にあったのです。

 

すぐに、盗難届を出しました。
交番では、「まず出てこないよ」 事務的に言われました。
悲しかったです。

 

1週間くらいたった、雨の日のことでした。
家の前の道で、50メートルくらいのところに見慣れたシルエット。
FUが放置されていました。

 

転倒の跡、バックステップは折れていました。
ウインカーなども割れていました。
ステアリングダンパーは曲がっていました。

 

高校生の無免許かなんかだったのでしょう。
ただでさえ普通のバイクじゃないので、乗りこなせるはずがなかったのです。

 

FUその後

不幸中の幸いというか、購入直後に改造していたので純正部品がありました。
なので、とりあえず銀色の純正状態に戻しました。

 

フロントフォークが曲がっていたので、修正に出しました。
バイトの経験から、直接ボーリング屋に持込みです。

 

シートは、近くの中古部品ショップで購入しました。
洗車をして磨いてみると、外観上は新車同様でした。

 

カワサキは電装系が弱点です。
無茶な乗られ方をしたのか、電気式のタコメーターのツキがおかしかったです。
エンジン自体はふけているのに、メーターがついてきません。
明らかに、故障です。

 

部品を換えようかとも思いました。
ただノーマルに戻したら、なぜか愛着が薄れてしまっていました。
ライダー心理でしょうか、自分で壊したのならそうはならなかったでしょう。
結局、売ってしまおうと決めました。

 

上野のバイク街の、カワサキ専門の買取店に持ち込みました。
査定前に、タコメーターの不調は伝えました。
部品代だけは減額すると言われました。
外装を評価してもらえて、思ったよりは高く買ってもらえました。

 

今ならどう売る?

当時は、中古バイクの買取といえば持込みでした。

 

故障車とはいえ、ショップでは評価してもらえました。
ただ持込みなので、即決してしまうような空気感がありました。

 

今なら、出張査定は無料です。
一括査定申込みなら、複数のバイク買取の査定も簡単に受けられます。
即決する必要もないので、金額を比較することができます。

 

そう考えると、出張査定で比較していたと思います。

バイクを高く売るなら

バイク比較.comの【無料一括査定】がオススメ
その理由は
  • 最大60社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 月間利用実績ナンバーワンの安心感
  • 事故車・不動車・改造車にも対応


査定申込みはコチラ  バイク比較.com

一括査定申込みの詳細はコチラ

故障車(バイク)の売却体験談【GPz400FU】関連ページ

買取一括査定申込みの利用
バイク買取一括査定申込みを利用してカワサキDトラッカーを売却した体験です。
個人売買で売却
個人売買でカワサキAR125を売却した体験談です。個人売買でバイクを売るときの手続きや書類など、参考にしてください。
産廃業者での買取
管理人が、カワサキKL250の実働車2台と部品取り車1台を産廃業者に持ち込んで現金買取してもらった体験談です。