バイク 売る

産廃業者でバイクを現金化 【KL250】

管理人は、バイクショップでアルバイトの経験があります。
バイトを辞めてからも、そのショップの常連でした。

 

そのショップの倉庫に眠っていた2台の不動車が、KL250です。
草エンデューロレースに出るために、タダでもらいました。

 

カワサキ KL250

最初は、1台もらいました。
不動車だったので、まずは動かすことからです。

 

草レースに出るためだったので、保安部品は外しました。
タンク洗浄とキャブレターのオーバーホールで、エンジンはかかりました。
あとはグリスアップと、注油程度です。

 

出場したレースは、上野のパーツショップ主催のエンデューロでした。
スタッフも、基本ボランティアか素人です。

 

ちょうどジャンプスポットにさしかかったときに、トラブルは起きました。
前方に転倒車があるのに、イエローフラッグがおくれていて。
見事に突っ込みました、ダメージはリヤサス、リタイヤです。

 

その後、もう1台の不動車を譲り受けて合体させました。
登録は、書類紛失の手続きをして完了させました。

 

林道ツーリングでエンジンをブローさせたこともありました。
バルブシールが飛んで、エンジンオイルを足しながら帰還。
まるで、2ストロークのバイクですね。

 

そんなことがあるたびに、パーツ取り車から移植しました。
なので、年式も走行距離も不明です。

 

さらにKL乗りの友人が、別の新車を買ったのでまた1台増えました。
これがまたマニアックで、輸出仕様のKLXのパーツが多数ついていました。
当時は上野近くの東単というお店で、個人でも簡単に入手できたのです。

 

最終的には置き場に困り、処分することになりました。
当時6台ほどのバイクを所有していましたので。

 

さすがに古いバイクだし、鉄くずしかないかなと思いました。
ガソリンとオイルを抜くことを条件に、対応してもらえました。

 

当時乗っていたピックアップに3台積込み、産廃業者へ。
重量をはかってから、巨大な電磁石ですくいます。
その後、キロいくらで精算して完了。
なかなかできない、経験でした。

 

今ならどう売る?

今思えば、逆輸入パーツなどもついているマニアックなバイクでした。
エンジンも調子が良く、きびきび走ってました。

 

今なら、バイク買取専門店が多く存在します。
出張査定が基本ですから、手間もかかりません。

 

実働車が2台、部品取りが1台あったことになります。
3台まとめて、買取査定を受けてみるのも一案でしょう。

 

査定自体は無料ですし、少なくとも「キロいくら」よりはマシかと。
ノーリスクですから、活用しない手はないと思います。

バイクを高く売るなら

バイク比較.comの【無料一括査定】がオススメ
その理由は
  • 最大60社に一括申込み
  • 全国出張査定が無料
  • 月間利用実績ナンバーワンの安心感
  • 事故車・不動車・改造車にも対応


査定申込みはコチラ  バイク比較.com

一括査定申込みの詳細はコチラ

バイクを産廃業者で買取してもらった体験談【KL250】関連ページ

買取一括査定申込みの利用
バイク買取一括査定申込みを利用してカワサキDトラッカーを売却した体験です。
個人売買で売却
個人売買でカワサキAR125を売却した体験談です。個人売買でバイクを売るときの手続きや書類など、参考にしてください。
故障車の売却
故障したバイクを売却した体験談です。カワサキGPz400FUを電装系が故障したまま売るまでの作業をまとめています。